古銭の真贋の確認方法と査定額の関係
古銭はコレクションアイテムとして人気があることから中古市場でも数多くの珍品が売買されています。希少性が高い古銭は高額で取り引きされることもありますが、その一方で偽物も多数出回っているので注意が必要です。また、発行年度が古い古銭でも素人による変造品の可能性があることから、古銭の査定は専門知識を持つ業者に依頼するのが賢明です。古銭の真贋は発行された年代に使われていた材質を確認するのが普通です。サンプルになる古銭との比較で材質が著しく異なる物や大きさ、デザインに不具合がある物は偽物の可能性が高いので買取りを拒否されることがあります。大判のように希少性が高い古銭は特に偽物が多く、造りも精巧なことから専門業者でも気づかないケースがあります。そのため、複数の業者を比較するのも真贋を判断する方法の一つです。外国の古銭は日本国内での流通量が少ないので真贋の確認が難しい問題があるので、信頼出来る相手と取引するのが偽物を避ける心得になります。