古銭の売り時はいつ、それは、今がその時、その理由は
古銭は、そのまま持ち続けると価値が高まると勘違いされている人もいるでしょう。イメージを膨らませ、よくよく考えれば、今後の古銭に対しての価値が低くなる可能性について見えてくるはずです。現在、日本では、少子高齢化社会が加速しています。ここでの注目ポイントは、需要としての少子では無く、供給側の高齢化についてです。高齢化のお年寄りの人々は、やがて、この世を旅立つ事になるでしょう。古銭を集めていたお年寄りの遺品は、親族が遺品を処分する可能性もあるはずです。多くの古銭は、市場に流れは始めるでしょう。その結果、古銭における供給側が過剰になり、古銭に対する価格が低くなるはずです。もちろん、少子は、需要が少なく求める人も少なくなるため、買取価格は期待できません。まだ、年配におけるお年寄りの人々は、古銭に興味があり、若い時代から集めているコレクターにとっては価値のある品です。そのお年寄りの人々が健在している、今が古銭買取での売り時であり、今後の価値に期待するのは愚かな発想と言えるかもしれません。